【iPhone/iPad】パスコードがわからない時の対処方法


パスコードとは

パスコードはiPhoneの使用者以外の人に勝手に使用されないようにするためにパスワードをかけられる機能です。

設定の方法は、

ホーム画面➡︎設定➡︎Touch IDとパスコード➡︎パスコードをオンにする

上記手順でパスコードの設定はできます。

Touch ID機能が搭載されてない製品の場合は「Touch IDとパスコード」の項目が「パスコード」と表示されます。

このパスコードを設定したのに関わらず通過できなくなった時の対処方法について説明していきます。

 

パスコードが通過できなくなる主なパターン

  • Touch IDを主に使用しており普段あまりパスコードを使用する機会が少ないため、不意に聞かれた時に思い出せない
  • パスコードの変更の操作をした際に適当に作って忘れてしまう

 

パスコードを忘れてしまった場合の解決法

iTunesを使ってリカバリーモードにして復元が必要になります。つまりパスコードごとiPhoneを初期化する操作をします。データは当然消えてしまうので、iTunesもしくはiCloudでバックアップを取っていれば初期化後にバックアップを復元してデータの復元ができます。

手順1:iTunesを起動してiPhoneとパソコンをライトニングケーブル(充電のケーブル)で接続します。

手順2:iPhone6以前のiPhoneではホームボタンとサイドボタン(電源のボタン)を長押しするとリンゴマークが表示されます。リンゴマークが表示されたらサイドボタンだけを離してホームボタンだけを押し続けると下の画像の画面がiPhoneに表示されます。

※iPhone7ではホームボタンではなく上記操作を左側面の音量下げるボタンを押して操作します。

※iPhone8・iPhone8plus・iPhoneXでは音量上げるボタンを押してすぐに離す➡︎音量下げるボタンを押してすぐに離す➡︎サイドボタンを長押しするとリンゴマークが表示される➡︎下の画像の画面がiPhoneに表示されます。

手順3:上の写真の画面がiPhoneに表示されたら下の画像がiTunes上に表示されます。表示されたら復元を押します。あとは画面に沿って進みますと復元が始まります。

手順4:復元が始まると下の写真の画面がiTunes上に表示されます。あとはパソコンの能力とネット環境によりますが、片方が悪くなければ大体15分ほどで復元は完了します。

手順5:下記の画面がiPhone上で表示されましたら復元が完了している状態になります。あとはバックアップがあればバックアップを復元すればデータも元に戻せて、パスコードのわからなかった状態も解消されます。

ちなみにバックアップにパスコードは含まれないため初期化後にバックアップを復元しても忘れてしまったパスコードを引き継ぐ事はないので安心してバックアップを復元して下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です