【iPhone】インターネット共有/テザリングの方法


インターネット共有/テザリングとは

インターネット共有とはiPhoneとiPhoneのデータ通信を利用して、他のデバイス(パソコンやiPadなど)でのネット接続をする方法になります。
例えばパソコンでネット接続をしたい場合にiPhoneとパソコンを接続して、iPhoneのモバイルデータ通信を使用してパソコンでネット接続を可能にする事ができます。
この記事ではインターネット共有について紹介していきます。

インターネット共有の活用方法

①パソコンやiPadなどをWi-Fiがない出先でもネット接続できる

②家にネット契約なしでパソコンやiPadなどでネット接続できる

①パソコンやiPadなどをWi-Fiがない出先でもネット接続できる

最近ではカフェやコンビニにも公共のWi-Fiがあります。ですが公共のWi-Fiは速度もあまり出ない事も多かったり安定していないのか頻繁にWi-Fi接続が切断されてしまう事も多かったりして、公共のWi-Fiは使いづらい事が多いです。そんな時に便利なのがインターネット共有です。
iPhoneに電波が入る場所なら、どこでもネット接続できるので旅行先や出張先で急にパソコンやiPadでネット接続をしたい時にも便利です。

 

②家にネット契約なしでパソコンやiPadなどでネット接続できる

家でパソコンやiPadでネットをするのに一般的な方法はネット契約をしてモデムと無線LANを置いてネット環境を作る方法です。
この方法はNTT・プロバイダとの契約が必要でWi-Fiルータも必要になります。初めてネットの設定をする時や引っ越しなどで久しぶりに設定する時になかなか大変な事も多かったり、何かトラブルや聞きたい事が出てきた時にどこに問い合わせていいか、わかりにくかったりする事があります。

ネット契約をしてネットをする場合に上記のようなデメリットがあります。このデメリットはiPhoneでインターネット共有だけでネットをするようにしてしまえば、設定も簡単でトラブルでの問い合わせ先もAppleだけで良い事も多いので楽です。
ネットの使い方によってはネット契約するよりも安く済む場合も多いです。

 

インターネット共有の使い方

インターネット共有の方法は3通りあります

  • iPhoneと他のデバイス(パソコンやiPadなど)をWi-Fi接続する方法
  • iPhoneと他のデバイスをBluetooth接続する方法
  • iPhoneと他のデバイスをライトニングケーブル(充電ケーブル)で接続する方法

どの方法でもiPhone上の設定は同じです。まずはiPhone上の設定方法をお伝えします。

設定➡︎インターネット共有➡︎インターネット共有をオン
Wi-Fiのパスワードはデフォルトの設定でもいいですが入力しやすいように好きなパスワードを作成する事をおすすめします。

 

iPhoneと他のデバイスをWi-Fi接続する方法

iPhone上でインターネット共有をオンにできたら、接続先のデバイス側でWi-Fiを接続する時と同様の操作で、Wi-Fiの接続先でiPhoneの名前を選択します。

Wi-Fiの名前はiPhoneの名前になります。パスワードが上記で作成したWi-Fiのパスワードになります。

画面の上部に青い帯が出たらインターネット共有ができている状態で接続先のデバイスでネットができます。

 

iPhoneと他のデバイスをBluetooth接続する方法

接続先のデバイス側でBluetooth接続する操作をしてBluetooth接続の接続先をiPhoneにします。これでiPhoneと接続先のデバイスをBluetoothで接続します。iPhoneの画面の上部に青い帯が出たらiPhoneと接続先のデバイスでインターネット共有できた事になります。
ただしBluetooth自体が速度の出る接続方法ではないため3通りのインターネット共有の方法で一番速度が出ない方法になるため、おすすめはしないです。

 

iPhoneと他のデバイスをライトニングケーブル(充電ケーブル)で接続

この方法は接続先のデバイスにUSBポートがないとできない方法になります。そのためiPadやiPod Touchなどとはできない方法で主にパソコンと接続する場合に使用します。
設定方法はiPhoneとパソコンをライトニングケーブルで接続します。パソコン側でネットワークの接続先をiPhoneに指定すればインターネット共有ができます。
インターネット共有ができているかどうかの目安は他の方法と同様に、iPhoneの画面の上部に青い帯が表示されているかどうかになります。

 

これでインターネット共有に関しての紹介は以上です。

接続方法はWi-Fiで接続する方法が実際一番使いやすい方法になると思います。外出先でパソコンやiPadを持ち歩く機会の多い方にはとても便利な機能になると思いますので、ぜひ活用してみて下さい。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です