【iPhone/iPad】音符マークが表示されて動かなくなった時の対処方法


音符マークの意味

⬆︎の画面がiPhoneに表示されている状態をリカバリーモードといいます。

リカバリーモードとはiPhoneを動かすiOSというソフトウェアが不具合を起こして操作不能の状態になっている状態の事です。

この記事ではリカバリーモードにどうしたらなってしまうのか、なってしまった場合の改善方法をお伝えします。

 

リカバリーモードになってしまう場合

1、iOSアップデートが途中で中断されてしまった場合

  • iOSアップデート中に電源が落ちた
  • iTunesを使ってiPhoneをアップデートをしている最中にケーブルを抜いてしまった

 

2、iPhone本体自体のハードウェアが故障している場合

  • 特にきっかけはなく自然故障として起こる
  • 水没やぶつけたりなどの物理的な損傷

 

リカバリーモードになってしまった場合の改善方法を負担の少ない順番に紹介します

①iTunesでiPhoneをアップデート

②iTunesでiPhoneを復元

③上記で改善できなければ修理

 

①iTunesでiPhoneをアップデート

まずパソコン上でiTunesを起動します。起動ができると下記画面表示されます。

iTunesを起動した状態でiPhoneを接続すると今度は下記画面が表示されます。下記画面が表示されたら「アップデート」をクリックします。

上記画面で「アップデート」をクリックすると下記画面が表示されます。下記画面でも「アップデート」をクリックします。

上記画面で「アップデート」をクリックすると下記画面が表示されます。下記画面では「次へ」をクリックします。

上記画面で「次へ」をクリックすると下記画面が表示されます。下記画面では「同意します」をクリックします。

上記画面で「同意します」をクリックすると下記画面が表示されます。下記画面が表示されましたらアップデートが始まりましたので、このまましばらく待つとアップデートができます。ただアップデートにかかる時間はパソコンの性能とネット環境で大きく変わります。早ければ15分くらいで終りますが1時間以上かかる人もいると思います。

上記画面でしばらく待つと下記画面が表示されます。下記画面のどちらかが表示されましたらアップデートは成功でリカバリーモードも改善されました。あとは画面に沿って進んでいけば、いつものホーム画面まで進める事ができます。

 

②iTunesでiPhoneを復元

iTunesを起動した状態でiPhoneを接続すると今度は下記画面が表示されます。下記画面が表示されたら「復元」をクリックします。

上記画面で「復元」をクリックすると下記画面が表示されます。下記画面でも「復元とアップデート」をクリックします。

上記画面で「復元とアップデート」をクリックすると下記画面が表示されます。下記画面では「次へ」をクリックします。

上記画面で「次へ」をクリックすると下記画面が表示されます。下記画面では「同意します」をクリックします。

上記画面で「同意します」をクリックすると下記画面が表示されます。下記画面が表示されましたらアップデートが始まりましたので、このまましばらく待つとアップデートができます。ただアップデートにかかる時間はパソコンの性能とネット環境で大きく変わります。早ければ15分くらいで終わりますが1時間以上かかる人もいると思います。

上記画面でしばらく待つと下記画面が表示されます。下記画面のどちらかが表示されましたら復元は成功でリカバリーモードも改善されました。あとは画面に沿って進んでいけば、いつものホーム画面まで進める事ができます。

 

③iTunesでiPhoneをアップデート・iPhoneを復元のどちらでも改善できなければ修理が必要になります

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です