【iPhone】機内モードとは?活用方法について


機内モードとは

機内モードとは全てのワイヤレス通信をオフにする機能になります。具体的にはモバイルデータ通信・Wi-Fi・Bluetoothがオフになりますので、これらの通信に関わる機能が全て動作しない状態になります。

モバイルデータ通信がオフ

モバイルデータ通信がオフになると、通話とネット接続ができなくなります。電話がかかってきても受信すらもしなくなります。Safariでのネット検索もできず、LINEやメールなどで送受信もできなくなります。

 

Wi-Fiがオフ

モバイルデータ通信同様にWi-Fiがオフになると、ネット接続ができなくなるのでSafariでのネット検索やメールなどの送受信ができなくなります。

 

Bluetoothがオフ

Bluetooth接続ができなくなるので、Bluetooth機器との接続ができなくなります。Bluetoothイヤホンやスピーカーとの接続をする事はできない状態です。

機内モードの活用方法

機内モードの活用事例を紹介します

①電源を切らないといけない場面でも電源を落とさずに機内モードにするだけで済む事が多い

②データ通信を一切しない状態になるため機内モードにしておくとバッテリーの減りが遅くなる

機内モードにする具体的な操作は下記に記載しますが、スピーディにやりたい時にすぐできるのが便利な点です。

電源を切っても良いのですが、電源を切ると起動するのに時間も少しかかります。その点機内モードであれば数秒でオンオフ切り替えができます。

 

機内モードの操作方法

機内モードをオンにする操作を紹介します。操作方法は2通りあります。

 

1つ目の方法を紹介します

ホーム画面の下部から上にスワイプ➡︎飛行機マークをタッチ

飛行機マークだけが点灯して他のマークは全てグレーになります

 

2つ目の方法も紹介します

設定を開きます➡︎機内モードをオン

機内モードをオンにするとWi-Fi・Bluetooth・モバイルデータ通信・インターネット共有がオフになります

 

2つの方法を上記の通りです。実際使用する時は1つ目の方法の方が手軽ですぐにできて便利だと思います。

筆者も電源を落とさなければいけない場面や、節電したい時に利用しています。意外と便利なのでご活用してみて下さい。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です